PC保護フィルムのサイズ

PCを使うと疲れるので原因を調べたところ、ブルーライトが一因のようです。
そこで、ブルーライトを軽減する保護フィルムを購入したのですが、いざ、貼ろうとしたら、サイズが合いません。
単にインチだけで選ぶと大きさが足らない場合があります。

スポンサードリンク

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、色を表現するために欠かせない要素のひとつであり、自然光にも含まれている。

目や体に有害な紫外線と波長が非常に近く、可視光線の中でも高いエネルギーを有している。

そのため、ブルーライトは眼の角膜や水晶体でも吸収されずに網膜まで到達してしまい、網膜の機能低下を引き起こす場合があるといわれている。
また、長時間見ることによる目への悪影響も危惧されている。

近年のパソコンやテレビ、スマートフォンなどの液晶ディスプレイには。LED(発光ダイオード)がバックライトとして多用されるようになってきた。
そのLED液晶ディスプレイは、構造上ブルーライトの成分が蛍光管ディスプレイに比べて多く含まれている。

ブルーライトの影響

●ブルーライトは目の筋肉を酷使させてしまうので、疲れやすい?
ブルーライトは散乱しやすいため、ピントを合わせるために瞳孔を収縮させる網様体筋を刺激します。
目に負担がかかってしまうことから、眼精疲労やドライアイを引き起こす要因の一つといわれている。

●体内時計を間違った時間にリセット?
パソコンやテレビから出ているブルーライトを長時間見続けると、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制してしまうといわれており、体内時計がズレてしまう要因の一つといわれている。

液晶保護フィルムのサイズ

モニターとパソコンのサイズをインチを確認して商品を注文したのですが、横幅が足りません。逆に上下の長さ(高さ)が余っています。

再度、Amazonの商品紹介ページを見てみたら、サイズのところがプルダウンになっていて、例えば「19インチ」の下に「19インチワイド」というのがありました。
ELECOM 液晶保護フィルム ブルーライトカット 19(5:4)インチ EF-FL19BL

さらに「フィルターサイズ」が記載されています。
19インチの場合:幅375mm×高さ302mm
19インチワイド:幅408mm×高さ255mm

私のモニター画面のサイズを測ってみると、まさに「19インチワイド」のサイズでした。
こちらを選ぶべきだったようです。

今までもPCの液晶保護フィルムを購入したことはあるのですが、こういう経験は初めてです。
PCを何回か買い替えしており、以前に使用していたPCはワイドサイズではなかったのでしょう。

液晶保護フィルムの貼り方

液晶保護フィルムはうまく貼らないと気泡が目だって画面が見にくいです。

今までは割とうまく晴れていたのですが、今回はうまくはれませんでした。
特に問題なのは画面そのものにホコリがある場合です。
これはホコリをとらない限り気泡は解消しません。

また、「液晶保護フィルム」はフィルム自体にキズ等がつかないよう、前後にフィルムが貼っている場合があります。
貼る前に説明書をしっかり読む必要がります。

インターネットの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ