MOディスクの処分方法(処分の仕方)

MOディスクを処分するにはどうすればよいのだろうか?
問題は2点。
データの消去と実際の処分方法。
MOディスクの処分方法(処分の仕方)について解説します。

スポンサードリンク

データの消去方法

データの消去方法については、ネットに動画があった。

基本的には、フロッピーディスク(FD)の処分方法と同じ。

但し、ディスクがフロッピーディスクとは異なり、堅い。

動画では「カッターでディスクに線を入れ、A4のクリアファイルで折る」と言う方法が紹介されていたが、自宅にあるカッターは刃が細い。

探してみるとしっかりとしたハサミがあったので、これを使ってみた。

ハサミ

1枚目のMOはネジが無かったのですんなり取り出せた。
しかし、2枚目のMOはネジで止めてあったのでネジを外す必要があった。
ただし、ネジはかなり小さい。
それ用のドライバーが必要。
幸い、小さいドライバーがあったので上部の2個をはずす。

さて、いよいよ、ディスクの分割だ。

こわごわやってみてたが、何とか切れた。

MO

ただ、切ったところの先がとんがっていて危ない。
そこで、ディスクをプラスチックに戻した。

MO

2枚目のディスクは切ると何故かボロボロに。

MO

そもそもMOは何用?

MOはそもそも何に使っていたのか?

思い起こすとPCのデータ管理用だった。

その後、USBメモリーや外付けハードディスクに保存するようになった。
フロッピーディスク(FD)→MOディスク→USBメモリーor外付けハードディスクと技術の進歩を感じる。

MOの処分方法

MOを分解すると、色々な部品に分かれる。
・プラスチック
・金属
・その他

それぞれ分別してからゴミに出すのか?

分別の仕方は地方自治体によって異なる。

「MO 分別 〇〇市」等で検索すると情報が出て来た。
あるいは、既に各家庭に一覧表が配布されている場合もある。

私の住む市の場合、「ごみ再生資源の分け方・出し方~50音順」という一覧表であった。

但し、MO(エムオー)は「え」の欄にはなく、「し」の欄の「CD・CDケース(MO・FD・DVD)」にあった。

MOの入っていたプラスチックケースは要はCDケースと同じ。
いずれも「可燃」である。

データを破壊する為に分解したが、データが気にならないなら、そのまま「可燃」ゴミとして問題はない。

私はディスクを取り出してハサミで切った。

MO

後は、燃えるゴミの日に出すだけ。
[注]何が「可燃」ゴミで、何が「不燃」ゴミかは地方自治体によって異なる。

メディアの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ