パソコンの処分方法(処分の仕方)

パソコンの処分には基本、リサイクル料がかかります。
しかし、オークション等で売る、あるいはパソコンの無料回収業者や買取業者を利用することで、無料ないしお金になることがあります。
いずれにしてもデータの消去は必要です。
パソコンのリサイクル、パソコンのデータの消去、パソコンの処分方法(処分の仕方)についてご紹介します。

スポンサードリンク

パソコンの処分方法~何故リサイクル料金がかかるのか?

パソコンは以前は、ゴミとして処分できましたが、平成15年10月に施行の資源有効利用促進法により、パソコン(デスクトップ、ノート、液晶一体型)、液晶ディスプレイ・モニタなどはゴミとして処分することが出来なくなりました。

これは廃品回収業者も同じ。
以前は無料で引き取ってくれていたのが不可になりました。

パソコンをゴミとして処分するのではなく、パソコンの有効資源を再利用する、その為の費用がリサイクル料です。

パソコンの一般的な処分方法は以下の通りです。
【対象となるもの】
デスクトップ型・ノートブック型・ディスプレイ一体型のパソコン(マウス、キーボード、スピーカー、ケーブル、テンキーなどパソコンの付属品を含む)、ディスプレイ(ブラウン管型・液晶型)

【処分方法】
①PCリサイクルマークのあるもの(平成15年10月以降に購したもの)⇒無料で回収

一番右端のマーク↓
PCリサイクルマーク

但し、「無料」となっているが、なんてことはない。
これはパソコン購入時に既にリサイクル料金を納めている為。
リサイクル料金を先払いしているだけだ。
購入した販売店やメーカーに直接申し込む。

②PCリサイクルマークのないもの(平成15年9月以前に購入したもの)⇒リサイクル料金が必要
リサイクル料金は各メーカーで設定されている。
処分方法は販売店や各メーカーに問い合わせる。

③自作のパソコン・倒産メーカーなどメーカー不在パソコン⇒パソコン3R推進協会へ問い合わせる。
http://www.pc3r.jp/home/koden.html#about

上記のページには、「小型家電リサイクルによるパソコンの回収」に関する情報が記載されている。

パソコンを無料で処分する方法

パソコンを無料回収している業者がある。
大半の業者が宅配回収(送料無料、梱包材無料)だ。

何故、回収業者は費用をかけて無料で回収してくれるのか?

それは、回収したパソコンをリユースし、それを販売して利益を上げるからだ。
パソコンの無料回収

パソコンの宅配買取を利用して売る方法

パソコン・周辺機器を宅配で買い取ってくれる業者もある。
ただし、何でも買い取ってくれるわけではなく、買取対象品目及び買取不可品目があるので、業者のサイトで確認する必要がある。

こちらもネットで申込みをして梱包材等が送られて来たら、パソコン等を詰めて、宅配業者に集荷を依頼。
業者が査定して買取価格を提示。
その買取価格に納得いけば了承する事で買取価格を銀行口座に振込んでくれる。

業者の中には出張買取、持込可のところもある。
ただ、一番楽なのは自宅で完結する宅配買取だ。
パソコンの宅配買取

パソコンのデータ消去は買取業者が消去してくれる。
しかし、不安な場合は、梱包する前に自分でデータ消去を行うと安心だ。

自分でパソコンを売る

ヤフーオークション等のオークションサイト、メルカリ等の売買サイト、フリマを利用して自分でパソコンを売ることもできる。

ただし、出品に手間と売れるまでに時間がかかる。
中には売れないと言う場合もある。

第一、データ消去の問題もある。
※次の「パソコンのデータ消去の方法」を参照

引越等ですぐに処分したいというなら、宅配無料回収か宅配買取を利用するのが手っ取り早い。

パソコンのデータ消去の方法

パソコンの初期化とは、パソコンを工場出荷時の状態に戻す事を言う。以前はその為にリカバリーCDがパソコンに同梱されているケースが多かった。
しかし、昨今、リカバリーCDは梱包されておらず、自作する必要がある。

ただ、メーカー初期化プログラムからもパソコンの初期化は可能。

しかし、初期化すると、表面上はデータが消去されたかに見えるが、実際はデータ復元ソフトで復元が可能だ。

データ消去にはデータ消去ソフトが必要だ。
しかし、中にはパソコンの電源そのものが付かない、ということもあるだろう。
この場合は、ハードディスクを取り出し、特殊の装置で強磁気をかけてデータを消去する。
▶PCのデータ消去についての記事はコチラ⇒パソコンのデータを消去する方法~「ハードディスク上の全データの消去」

オークション等でパソコンを売る場合、ここがネックだ。
その点、宅配無料回収や宅配買取では業者がデータの消去を行ってくれる。
自分が出来る最低限のこと(初期化が可能な場合)を行い、業者に出すと良いだろう。
パソコンの買取、無料処分・回収

トラブルの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ